マイナーチェンジ後のデミオを試乗した動画

マイナーチェンジ後のデミオに試乗している動画

 

マイナーチェンジしたばかりのデミオに河口まなぶさんが試乗している動画を紹介します。

 

 

デミオのマイナーチェンジ(商品改良)バージョンに試乗しています。

 

マツダは最近、非常に細かく商品改良(マイナーチェンジ)を施してきて、今回のデミオもそうなのですが、見た目は変わりません。

 

しかし、中身をいろいろ磨いてきたということになります。

 

マイナーチェンジで何をやったかというと、クルマ好きな人じゃないと分からない部分かと思いますが、サスペンションですね。

 

サスペンション周りを細かく変更したりとか、もろもろを丁寧にブラッシュアップしています。

 

アクセラにも入っているGベクタリングコントロールという、クルマのGを制御して、滑らかに走れるような制御が入っています。

 

デミオは、このクラスで世界一を目指している、という非常に高い理想を基に開発されているクルマなのですが、実際に今回のマイナーチェンジでも試乗車のデミオに乗ってみると、確かに質感は高いというのはすぐに感じます。

 

コンパクトクラスは最近どのメーカーも成長が著しいわけですけど、それでもヴィッツとかフィットなどのモデルと較べるとデミオはワンランク質が高いと感じられる仕立てになっています。

 

 

また、デザインでマツダは以前から国産メーカーの中で一歩抜きんでる存在なのですが、センスも日本のコンパクトカーの中では抜き出てるなという感じがしますね。

 

今、試乗しているデミオもダッシュボードにレザーが貼ってあって、ステッチが通っているなど質感が高い仕上がりになっていて、この辺りは購入して満足できる部分ですし、このクラスのコンパクトカーというとどうしても生活の足、道具、みたいな感じになりがちなのですが、それを感じさせないで、持つ喜びみないなものを感じさせるだけの物の良さを実現しているなということがわかります。

 

 

マイナーチェンジしたデミオに試乗してみると、コンパクトクラスのボディーに1.5Lのディーゼルエンジンの組合せなので、力強さは文句なしと言ったところです。

 

わずかなアクセル開度でスムーズに走ることが出来ています。

 

乗り心地も良いですし、静粛性が高いですね。

 

外から入ってくる音に、オブラートを一枚掛けたような感じ、フィルターを掛けたような感じの遮音がしっかりとなされているというのがすぐに分かります。

 

 

マイナーチェンジでディーゼルエンジンもさらに静粛性を高めて気持ち良い物にする、ということで改良されています。

 

ディーゼルエンジンが出す不快な音をなるべく下げるような、ナチュラルサウンド周波数コントロールというものを搭載して不快音の抑制を実現しています。

 

これによって、デミオはディーゼルエンジンでながらも、静かで質感の高い走りを手に入れています。

 

マツダは、デミオをマイナーチェンジではなく商品改良した、というふうに強くアピールしていたわけですが、その心はマイナーチェンジというとチョット変更したという感じのイメージになりますが、改良をして少しでも良くしているですよ、というのを理解してもらいたいというところで商品改良というように言っています。

 

 

というわけで、マイナーチェンジされたデミオを試乗してきましたけれども、マツダはきめ細やかに商品改良して良い物をお客様に届けたい、という想いが強いだなという事を痛感しました。

 

実際にデミオを試乗したわけですが、本当に細かなところまで手を入れていて、こんなことまでする必要あるのかな?という気もするのですが、少しでも変えていこうとするマツダの意思がありますし、それによって結果的にデミオが進化していくんだというところに納得して、このようなマイナーチェンジを施してきていると考えると真摯な開発をしているなと感じます。

 

実際にも出来上がったデミオは、確かにコンパクトカーで一番を目指しているというのは分かる仕上がりになっていて、好印象だなと感じました。

デミオ安く購入する方法の関連ページ

試乗動画ならこれを見ればOK♪
マツダデミオを試乗している動画を見てみましょう♪試乗動画をご覧になれば、デミオのどの部分が良いのか分かりますよ!
公道試乗動画(竹岡圭)
新型デミオに竹岡圭さんが乗って、公道で試乗している動画です。新型デミオはどんなクルマかな?と思ったら、この公道での試乗動画を見てください。
車両紹介動画
マツダデミオの車両紹介を島下泰久さんがしている動画をご覧ください。デミオの外観デザインやシートやインテリアについて動画説明してくれています。