デミオの車両紹介動画

マツダデミオの車両紹介

 

デミオの車両紹介を島下泰久さんがしている動画です。

 

 

デミオを紹介したいと思います。

 

島下泰久です。

 

デミオは2014年9月にデビューしました。

 

ここのところのマツダは調子が良いですよね。

 

スカイアクティブと称するボディー、エンジン、シャシー、トランスミッション、全てに至る新世代技術。

 

魂動。

 

魂が動くと書いて、魂動というデザイン。

 

こちらを使い始めたCX-5以降、アテンザ、アクセラなど、どれも評判が良いです。

 

そして、実際の出来も良いですよね。

 

そんな中で待望のコンパクトモデル、デミオが登場したというわけです。

 

デミオも同様に、マツダの新世代技術であるスカイアクティブをフルに採用し、魂動と言われるデザインでコーディネートされています。

 

そして、一番の特徴としては、このクラスでは稀有なディーゼルエンジンの採用、こちらが挙げられます。

 

デミオの特徴は他にもいっぱいありますので、これからじっくりみていきたいと思います。

 

 

デミオのデザイン

デミオのデザイン

まず目を引くのがこの外観デザインですよね。

 

先代のデミオも小気味の良い存在感があるデザインだったと思います。

 

新型デミオはさらに進化した本当にコンパクトカーとは思えないエモーショナルなデザインになっているなと思います。

 

グリルが大きくて、ノーズの長さが強調されて、実用一辺倒でないところがマツダらしいというか、デミオらしいところなのかなと思いますね。

 

 

デミオのエンジンルーム

デミオのエンジンルーム

デミオのパワートレインです。

 

デミオの最大の特徴と言っても良いかもしれませんね。

 

ガソリンエンジン1.3Lに加えて、1.5Lのディーゼルエンジンが用意されています。

 

マツダが、CX-5、アテンザ、アクセラでブームを作ったと言っても良いこのディーゼルエンジンですが、いよいよコンパクトカーであるデミオに搭載されたわけですが、特徴としては、まずは燃費。JC08モードで26.4km/Lという燃費の良さ。

 

そして、トルクですね。

 

最高出力は105馬力とそこそこなのですが、最大トルクが25.5kgmとコンパクトカーには勿体ないというか、有り余るほどの力があります。

 

 

デミオのインテリについて

デミオのインテリア

デミオのインテリアです。

 

見た目の良さに驚きすら感じますよね。

 

造形も綺麗だし、クオリティーが高いです。

 

グレードによっては一部にレザーを使った仕様もあるくらいで、見栄え見た目に気を遣っていますね。

 

装備や使い勝手も充実しています。

 

一番象徴的なのが、マツダコネクトです。

 

ナビやオーディオを統合して、コントロールをダイヤルでできるもの。

 

これは、今までだったら高級車しか見れなかったものですが、マツダはデミオにコンパクトカーでも採用してきました。

 

見ていてもそうだし、乗って使ってみても良いクルマ、上級なクルマに乗っているなという感じがしますし、実際の使い勝手もとても良く考えられているなと思います。

 

デミオでもう一つ強調しておきたいのが、ドライビングポジションの良さですね。

 

コンパクトカーってこの辺で犠牲を強いられがちなのですが、デミオはステアリングの調整幅、シートの調査幅もしっかりして、コンパクトカーらしからぬと言っていいと思います。

 

自然なドライビングポジションが取れます。

 

その大きな理由になっているのが、ペダル配置ですね。

 

実は新しいデミオ、フロントタイヤの位置が乗員に対して前方にずれています。

 

そのことで、足元の余裕が増して、ペダルがホイールハウスに蹴られて左にオフセットしてしまう、ということがなくなって、右足が真っ直ぐ伸ばしたところにアクセルペダルが自然にある、こういうポジションが取れるというようになっています。

 

 

デミオのリアシートについて

デミオのリアシート

デミオのリアシートです。

 

広さは並みですかね。

 

見た目の通り、デミオはフロントシート中心なクルマです。

 

とは言え、フロントシートの下にちゃんとつま先が入って膝の前が柔らかくなっていますし、最低限不快な感じにはならないなと思います。

 

視界が良いですね。

 

フロントシートの形状ですとか、シートの間隔なども考えられていて、解放感があるので、座ってみるとそんなに狭く感じない、そんなシートになっています。

 

デミオのラゲッジスペースについて

デミオのラゲッジスペース

デミオのラゲッジスペースです。

 

容量は280リッター。

 

このクラスでは平均的といったところでしょうか。

 

6:4の分割可倒のシートバックレストがあります。

 

できれば、この深い床を仕切る板があると、使い勝手がもう少し増すかなというところです。

 

 

最新のスカイアクティブシャシーにディーゼルエンジン、これらがデミオの走りをどのように変えたのか?

 

早速試してみようと思います。

デミオ安く購入する方法の関連ページ

試乗動画ならこれを見ればOK♪
マツダデミオを試乗している動画を見てみましょう♪試乗動画をご覧になれば、デミオのどの部分が良いのか分かりますよ!
公道試乗動画(竹岡圭)
新型デミオに竹岡圭さんが乗って、公道で試乗している動画です。新型デミオはどんなクルマかな?と思ったら、この公道での試乗動画を見てください。
マイナーチェンジの試乗動画
河口まなぶさんがマイナーチェンジされたばかりのデミオに試乗している動画です。マツダがデミオにどのようなマイナーチェンジを施してきたのか、こちらの動画で確認してみてください。